TIPS

Welcome to Relax Home Saigon’s TIPS page

お酒を飲みすぎた翌朝や、立ち仕事を終えた後などに、身体の一部あるいは全体に、「むくみ」を感じることは有りませんか?

もともと女性に多かった「むくみ」ですが、最近は男性にも「むくみ」を気にされる方が増えてきているようです。

では、そもそも「むくみ」とは何なんでしょうか?

 

 

そもそも「むくみ」って何だろう?

身体には水分調節をする機能が備わっており、体内の血管とリンパを通じて水分がバランスよく循環しているのですが、何かの原因により、体内の水分調節機能がうまく働かなくなった結果、余った水分が皮下にたまってしまうのが「むくみ」の原因なんです。

 

 

むくみの主な原因

むくみの主な原因は大きく分けて3つあります。

  1. 水分不足
  2. 血行不良
  3. 運動不足

 

1の水分不足については、塩分とアルコールの過剰摂取によるものです。
外食が続いて塩分を取りすぎた際や、アルコールを飲みすぎた際は、きちんと水分を補給して体内水分を綺麗にしてあげることが重要です。

2の血行不良については、エアコン等の影響で、身体の発汗機能が低下し、汗をかきにくい体質へ変化してしまうことが主な原因として知られています。エアコンの設定温度は脚や手が寒いと感じない程度に弱めることが大切です。

3の運動不足については、すべての生活習慣病の原因ですので、耳が痛くなるほどわかってはいるという方も多いと思います。
日常の生活に運動を取り入れることで、上記1,2を含めて「むくみ」を改善していくことが出来ます。

 

 

 

むくみの改善にはマッサージも併用して

前項3でも書いたように、日常生活に運動を取り入れることが「むくみ」を改善させる方法なのですが、マッサージによって圧をかけることでも、リンパと血管の流れを改善し、「むくみ」を効果的に改善させることが可能です。

反射区への刺激や、リンパを流すようなマッサージによって、皮下にたまった水分を流すことも出来ますし、定期的にマッサージを受けることによって、発汗機能の低下なども改善されていき、健康な体を保つ助けとなることがわかっています。